書と言の葉 

映画・テレビの書道作品を書いています。都内で書道教室も開いています

黄色いリボンのメッセージ

黄色いものの意味っていろいろあるようです。

日本で有名なのは、幸せの黄色いハンカチ、あなたを待っています、という意味ですね。

 

f:id:mipooooo:20210416110152j:plain


犠牲になった人やその家族の悲しみをみんなで分かち合おう。ずっと彼らを覚えておこう、

というメッセージを込めて、当時、韓国ではイエローリボン追悼キャンペーンが行われました。

 

子供を持つ母として、たくさんのお子さんを預かっている教師として、子を失うことの激しい悲しみは実感こそないにしても、容易に想像できます。どれだけおぞましい事件だったか、思うだけで凍り付きます。

 

2014年の今日、セウォル号事故が起こりました。

修学旅行中の高校2年生約350人が犠牲になりました。当時はパク・クネ政権下でした。政府はこの事故について正しい情報を隠蔽しましたが、その後、それも何年も経ってから、詳細が明らかにされます。船長はじめ多くの船の乗組員は自分たちが助かるために、高校生たちには船内に留まるように指示し、多くの若い命が犠牲になりました。

後に公開されたものを聞いたのですが、亡くなった学生の中にはメールやビデオでメッ
セージを残している子がいました。録音されたとぎれとぎれの言葉の中に、ご両親への
悲しい思い、「会いたい」、という言葉が残っていました。
 
 
「この大空を舞う粉雪のよう舞えるなら君へ、すぐ辿りつけるはずなのに、雪の花びら   
舞い降り消えていった。会いたい」spring day
 
世の中の大人たちは過ぎたことは忘れなさい、というけれど、僕たちが覚えている限り彼らは僕たちの中でずっと生き続けるんだ。

 

f:id:mipooooo:20210416110801j:plain

 
忘れてはいけない、と思います。